暇なので自分の声を録音してみました

自分で自分の声を録音して聞いたみたところ、感想としては「普通というか地味な声だな」ということでした。特にこれといった特徴もない感じがしました。そこでちょっと声を作ってみて再録音してみました。どんな風に作ったかというと「可愛らしい女性風」といった感じです。聞いてみて「うわ、気持ち悪い!」と思わず小さい叫びをあげてしまいました。あまりにぶりっ子な声になっていて「これは特に同姓から大いに嫌悪されるな」と思いました。
それから色々なタイプの老若男女を演じて録音してみたのですが、一番しっくりしたのは「陰気でちょっとスケベそうな初老の男性」の声でした。この結果に我ながら「なんでやねん!」と思ってしまいましたが、多分他の人に聞いてもらってもこれが一番合ってると言われるような妙な自負が少しあって切なくなってきました。
とりあえずはっきりわかったのは女性を意識して声を作るとものすごくわざとらしく聞こえるということでした。このような作業に3時間ほど没頭してふと「私何やってるんだろう」と我に返ってしまいました。

カテゴリー: 気づき パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です