猫のイビキ

我が家には、1歳になるアズという猫がいます。子猫の頃から可愛がって育ててきたので、すごく人に懐いていて、よく「犬みたいな猫だね」と言われるほどです。完全室内飼いにしていて、夜は私のベッドで一緒に寝ます。
そんなアズちゃん、どうやら鼻炎のようで、小さい頃から、しょっちゅうくしゃみをします。初めは風邪?と思っていましたが、ずっと治らないので、どうやら鼻炎なんだと思います。鼻炎で鼻が詰まっているせいか、いつも口を半開きにして寝るし、スピー、スピーとイビキをかきながら寝ています。警戒心が全くないので、お腹を出してだらしなくイビキをかきながら寝ている姿は、うちのおじいちゃんそっくりで、ちょっと笑っちゃいます。
最初の頃はイビキがうるさいなぁと思っていたのですが、今では私もすっかり慣れて、アズがどんなにイビキをかいていてもぐっすり熟睡できます。ピタッとくっついて寝るので、夏はちょっと暑いのですが、冬は湯たんぽみたいにあったかくて、冷え性の私にはとてもありがたい存在になってくれています。

カテゴリー: 気づき パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です